また読みたくなるホームページとは?

大衆性に訴えることが重要。

ホームページの閲覧頻度(再訪問頻度)を上げるには、大衆的であることが不可欠で、大衆の好みに合わせる必要が出て来ます。そのためには、理性よりも感性を重視することが必要で、理屈一辺倒にならずに、感覚的に分かる表現が強く求められます。感覚的に分かりやすいレイアウトの工夫も必要です。また、難解複雑なものは嫌われ、分かりやすい単純なものが好まれます。さらに、普遍性を求めることよりも、時事情報や流行情報を追うことが大切で、日々新しい情報の追加や更新が必要になります。そして、感情を高ぶらせ、喜怒哀楽を激しく揺り動かすものが好まれます。
大衆性とはこのようなもので、大衆に愛され何度も訪れたくなるホームページとするには、そうするしかありません。自分の言いたいことや表現したいことではなく、相手の欲しがる情報を提供すること、それが根本的に必要になることです。ことの良し悪しは別にして、現にそうなのです。そこには、自分と相手との妥協(折り合い)が必要になる、ということです。

文字情報だけでなく、画像情報も必要。

文字情報だけでなく、感覚に訴える画像情報が必要で、場合によって動画が効果を発揮することもあります。文字を読むことは、ある意味で辛いことで、長文となると、なおさら辛いものとなります。文章は、なるべく短めを心得て、折に触れて画像を挿入することで、文字を読む辛さが軽減され、画像を見ることで、一服の清涼剤ともなります。
文字は脳を疲れさせ、画像は脳をリフレッシュさせます。また、挿入される画像は、文字での説明を補完するものでもありますので、内容の理解に大きく寄与します。画像を挿入することの効果は絶大で、文字では表現不可能なことも表現できます。画像の効果的な使用は、ホームページを訪れる人の満足度を向上させ、再訪問を促すものとなるでしょう。