見やすいホームページの作り方

見やすいホームページは読みやすい文章が必要

ホームページを見てもらい、読者を釘付けにするためにはまず、”文章の読みやすさ”が必要になります。どれだけ良い内容を書いたとしても、読みづらければ、一目で判断され、読まれることはありません。だから、読んでもらうために、”見やすい文章”を書く必要があります。ポイントはたった1つになります。
文章を改行なしに長々と書かないことです。長文が改行なく続いていては、読者に『読むのはしんどそうだ。』という印象を与えてしまいます。それを避けるために、話が切り替わるポイントで必ず改行する必要があります。
さらに、改行テクニックとして、文章を段落分けするだけに利用するのではなく、改行機能を利用して、空行を段落毎に数行(1~3行の空行)を入れるとかなり読みやすくなります。これにより、文章がブロック化されるため、読者に『このホームページは見やすく、文章は読みやすい。』という印象を与えます。さらに、文章に関係のある画像(写真や動画、絵など)を挿入すると良いです。

文章の読む流れを自然に作って上げると見やすくなる

ホームページをただ一方的に見せるだけでは、一度読んで終わってしまいます。1つの文章を読んでもらうだけでは、ホームページの全てを見てもらったことにはなりません。有名芸能人のホームページを見る時は、隅々まで見ている、それと同じ状況を作れると良いです。
それが『ホームページに流れを作る』になります。流れを作ることは非常に簡単で、1つの文章の終わりに・関連文章記事のリンクを挿入する・ホームページの上方(ヘッダー)に、おすすめ文章リンクや画像集リンクなどを入れておくと、何がどこにあるのか非常に分かりやすいホームページとなります。ここで心掛けるポイントは、第3者の立場に立ち、ホームページで特に見てほしい文章記事にアクセスしやすくなっているかをチェックし、作成することになります。

紹介したいブランドやメーカーを細かく記載出来て、一気にたくさんの人に紹介出来るのがHP制作です。簡単に作ることが出来ます。